的確,造句的方式

可以比較容易記得文法(侷限簡單的文法~~三條線.gif  )

但單字已經鬼擋牆了啦!

 

 

76. ~っぽい

こんな熱い天気はちょっと夏っぽい

 学校の訓練したあげく、彼はやっと先生の様子っぽい

重たい雰囲気は寝入りっぽい

 経済不況の調子上は、悪い人に騙されっぽい

77. ~てからでないと或~てからでなければ

採点方式を決めてからでないと活動は行われません。

歯を磨いてからでなければ朝食を食べません。

78. ~てしょうがない或~てしかた()ない

年を取ってから、頭は不器用でしょうがない

激しく運動した末に、疲れてしかたがない

長い間の手術したあげくに、体は苦してしょうがない

79. ~てたまらない

ここに辺りの深夜は静かでたまらない

道が渋滞するから、車は進んで遅くてたまらない

泥棒は家に入ったせいで、恐れてたまらない

80. ~てならない(第一人稱)

亡くなった祖父の写真を見て懐かしくてならない

財布を無くしたことから、焦ってならない

子供の顔を見るたびに、幸せでならない

81. ~ということだ或~ってことだ

こんなに進み続けないのは中途半端だということだ

信号は赤くなったら、止めなければならないということだ

あの表情は賛成するということだ

82. ~ということだ或~とのことだ

明日は断水するということだ

この植物を触ってから、肌はとてもかゆいとのことだ

交通事故以後、彼は運転する時いつも不安()ということだ

83. ~というと或~といえば或~といったら

高雄いうと、暑いイメージですね。

北海道といえば、おいしい蟹と綺麗な雪を思い出します。

贅沢といったら、あわびや松茸など食べ物を食べたいですね。

やわらかいといえば、赤ちゃんの皮膚だろう。

84. ~というものだ

あのでかい荷物は女性にとって、重たいというものだ

この時間彼はまだ来ないのは遅れるというものだ

毎日寝るのはまだ四時間は本当に可哀相()というものだ

85. ~というものではない或~というものでもない

試験の点数は低いのは拙いというものではない

あの思いは地味()というものではない

彼たちの話は喧嘩するというものでもない

86. ~というより

走る速度というより、歩く速度だと思います。

けちというより、倹約()というものだ。

見学するというより、遊ぶくらいと感じます。

87. ~といったら

雛祭りといったら、綺麗な人形を思い出します。

祭りといったら、祇園祭は一番有名です。

88. ~といっても

最近姉は太り気味といっても、まだ細いですね。

料理ができるといっても、あまり上手ではない。

この建物は古いといっても、やはり美しいです。

89. ~()と思うと或~()と思ったら或~()と思えば

この事件は解決した()と思うと、新たな事件は発生します。

彼は離婚したと思ったら、すぐ新しい彼女がいますね。

90. ~とおり()~どおり()

期待しているとおりに、息子は受かりました。

思いどおりに、彼女の癖がいいです。

弟の希望どおりに、自転車を得ました。

carol 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()